筑波大学 University of Tsukuba 国際経営プロフェッショナル専攻 Graduate School of Business Sciences MBA Program in international Business

海外派遣研修に関する寄稿 1) テック系理系学生人材シリコンバレー派遣プログラムへの参加

テック系理系学生人材シリコンバレー派遣プログラム

Yuko Eguchi, MBA-IB Graduate, Class of 2024

テック系理系学生人材シリコンバレー派遣プログラム

プログラム紹介

ジェトロ初となる学生向け起業家育成・海外派遣プログラムが開催されました。全国から選抜された30名の学生が、起業の最先端の地、シリコンバレーでの交流や実践を通じてグローバルに活躍する起業家を目指して参加しました。本プログラムは、日本にグローバルなスタートアップ・エコシステムを構築し、世界で勝てるスタートアップを創出するため、スタートアップ育成5か年計画に掲載された「5年で1000人規模」の起業人材の海外派遣を達成することを目的とした経済産業省主催の「J-StarX」プログラムの一環です。

プログラム内容

2023年9月18日~9月25日(研修は9/18~9/23の6日間)の期間、シリコンバレー在住の日本人起業家やエンジニア、GAFA出身者による講演、 デザインシンキングに関するワークショップに参加しました。高等学校・高等専門学校・大学・大学院の学生が参加しており、年齢も専門性も異なる中、お互いの関心や専門領域に関する知見を交換しながら、交流を深め、今後の起業に必要なネットワーク形成や思考の習得に努めました。

学び

特に役に立ったのは、アメリカ合衆国 カリフォルニア州に本拠を置くデザインコンサルタント会社IDEOでの、3日間にわたるデザインシンキングの研修です。ユーザーインタビューから始め、アイデアの発散と収束をチームメンバーで行い、実際にプロトタイプ作成をし、フィードバックに基づいた改良までの一連のフローを実践しました。参加前は、アイデアの段階であった事業計画が、プログラムで学んだことを活かして、具体性を持った試作品として、形にすることができました。

今後の抱負

現地の起業家との対話の中で、事業を行う上で、"自身の健康維持"、"学び続ける事"、"お互いがGiveし合えるネットワーク形成"の重要性を認識しました。本プログラムで得た学びと、培われた人間関係を大切にし、今後の社会貢献につなげていきたいと思います。



→テック系理系学生人材シリコンバレー派遣プログラム